婚姻要件具備証明書

お知らせ:パラグアイ国境の部分開放
  • 出発前24時間以内に渡航者健康申告をする。申告書はhttp://www.vigisalud.gov.py/dvcf
  • 入国時の衛生要件および隔離または検疫の順守(PDF)
  • 陸路の国境衛生手順:移民局 (詳細)

婚姻要件具備証明書

申請手順

1. 必要書類の郵送

  • 申請書
  • パラグアイ国外務省でアポスティーユ取得済みの独身証明書又は離婚証明書の原本(市民登録局で6カ月以内に発行されたもの)
  • パスポート及び/又はセドラ(パラグアイ政府発行IDカード)のコピー
  • 返送先を記入したレターパック370

2. 証明書の送付

必要書類が大使館に届き次第、銀行振込みでのお支払いに関して領事部よりお知らせします。入金を確認後、レターパックもしくは着払いにて婚姻要件具備証明書を送付します。


日本の婚姻届をパラグアイで登録する

在日パラグアイ大使館では日本で発行された婚姻届は登録出来ません。現在、パラグアイ市民登録局が海外で発行された婚姻届を登録出来る唯一の公機関です。

日本の婚姻届をパラグアイ市民登録局(Registro de Estado Civil de Paraguay)で登録する際、婚姻届は、日本国外務省でアポスティーユを取得した後、パラグアイの宣誓翻訳者によって翻訳する必要があります。

次の方法で登録することが可能です。

  • 当事者がパラグアイ市民登録局で手続きをする。
  • パラグアイ市民登録局に行くことが不可能である場合、代理人が手続きを行えるよう当大使館を通して委任状を申請する。

役立つ情報
  • パラグアイ市民登録局
    • 海外での結婚を登録する。
    • パラグアイで発行された婚姻届を認証する。

離婚

パラグアイで離婚するには裁判手続きが不可欠である。

代理人が離婚裁判手続きを行えるよう当大使館を通して委任状を申請する。



役立つ情報:
  • 離婚法 – 法令第45/91号
  • パラグアイ市民登録局-手続き

当館の開館時間の変更について

お知らせ 在日パラグアイ大使館は、パラグアイ本国と日本政府の指示により、新型コロナウィルス拡大防止対策として、当館の開館時間を10:00-15:00に変更致します。緊急連絡先:080-9293-7992までお願いします。

続きを読む

新型コロナウイルス感染症

在日パラグアイ大使館は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、2020年3月16日現在、パラグアイ国籍の方、及びパラグアイに居住する外国籍の方のみ入国が可能であることを通知する。 滞在許可をお持ちの外交団体及び国際機関職員も入国が可能である。 この措置は2020年3月16日に宣言された公衆衛生…

続きを読む

黄熱予防接種

1. 2019年5月10日より、パラグアイ移民局の発表に従い、世界保健機関による危険地域と見なされるブラジルの21の州から出入国する1歳から59歳のすべての乗客に対し、パラグアイ入国管理局にて黄熱予防接種証明書(イエローカード)の提出が求められます。 2.  危険地域:バイア、リオデジャネイロ、サン…

続きを読む