更新 2022年10月24日

パラグアイへ入国する際の新たな入国制限措置


新型コロナウィルス

2022年10月24日をもって、02/06/22の入国制限措置は廃止され、パラグアイへの入国時に新型コロナワクチン接種証明書とPCR陰性証明書の提示は不要になります。


入国する旅行者の監視目的で、新型コロナワクチン接種状況について情報提供を求められますが、ワクチン接種をされていなくても入国に支障はありません。


黄熱病

ブラジル、ボリビア、ペルー、ベネズエラの危険地域から来る旅行者は、国籍を問わず、黄熱病の予防接種を受け、それを証明する国際予防接種証明書を持参する必要があります。


詳細につきましては、入国制限措置2022/10/21スペイン語版をご確認ください。


ニュース

株式会社ゼンショーホールディングス本社訪問

ラウル・フロレンティン・アントラ大使は、パラグアイ産の食品、特に牛肉の輸出促進について話し合うため、株式会社ゼンショーホールディングスの小川 賢太郎 代表取締役会長 兼社長を訪問しました。 (株)ゼンショーホールディングスは国内および海外でのフードサービスチェーンの経営(9,948店 –…

続きを読む

フロレンティン大使は上杉外務大臣政務官に表敬訪問致しました。

3月22日、ラウル・フロレンティン・アントラ大使は、昨年11月に第2次岸田内閣に再入閣された上杉謙太郎 外務大臣政務官を表敬訪問しました。 上杉政務官から、昨年2度、アスンシオン市と東京で行われた日パラグアイ外相会談は、両国の良好な関係の証である事を述べました。この機会にフロレンティン大使から、日本…

続きを読む

年末年始について

幸せと希望あふれる新年を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。 当大使館の年末年始の休館日は、2021年12月29日(水)~ 2022年1月3日(月)までとなります。 ¡Feliz Año Nuevo 2022!

続きを読む