長期滞在-移民ビザ

日本国籍の方がパラグアイで90日以上滞在をご希望される場合、
パラグアイ国入国管理局にて定住/永住ビザを申請する事になります。
移民法第978/96番及び大統領法第28.295/97 には、上記ビザ申請をするに当たって、
次の必要条件が有ります。

  • 有効なパスポ-ト又は他の旅行をするにあたって身分証明を可能とする書類。
  • 過去5ヵ年間居住した国の警察署から発給された犯罪経歴証明書。この義務は、14歳未満者は除外とする。
  • 現在の精神及び健康状況を詳しく述べる適切な医学的権限者が発給する証明書。
  • 出生証明書及び法的身分証明書 (戸籍謄本:一人につき一部)
  • 入国許可を与えた後専念する専門の免状又は職業証明書。
  • 経済的に有能であることを表す証明書。
  • その他

日本で発行される書類(2:犯罪経歴証明書、4:戸籍謄本)は、日本国外務省領事局領事サービス室証明班にて
アポスティーユを取得する必要があります(大使館での認証は不要)。