未成年について

出生届

パラグアイ国籍の父及び/又は母を持つ“日本生まれのお子様の国籍取得の手続き”をパラグアイで行うには先ず当大使館に登録する必要があります。

申請方法はこちらをご覧ください


国籍取得

パラグアイ国籍の父及び/又は母を持つパラグアイ国外生まれのお子様の出生届を当大使館に提出することでその子のパラグアイ国籍を取得することは出来ません。(憲法及び国籍に関する法令第582/85号を参照)

当大使館はパラグアイ国外生まれのお子様にIDカードやパスポートを発行することは出来かねます。パラグアイに渡航される際は帰国用渡航文書を申請して頂くことになります(事前に出生届が必要)。

申請方法はこちらをご覧ください


未成年の渡航許可書

パラグアイ国籍のおよび長期滞在ビザをお持ちの未成年が片親と海外へ出国される際、同行されない親の許可が必要です。 ご両親が同行されない場合お二人の許可が必要です。

申請方法はこちらをご覧ください


パスポート

未成年者のパスポート申請の場合、ご両親が署名された申請書およびご両親のパスポート及び/又はIDカード(Cedula de Identidad)のコピーを提出すること。どちらかの親が日本にいない場合委任状を提出するかまたは申請される親が親権をお持ちであることを証明する書類を提出すること。

申請方法はこちらをご覧ください

パラグアイ国籍の父又は母のパスポートに登録されているお子様はまだパラグアイ国籍を持っているわけではありません。親が新旅券を申請される際お子様の登録は出来かねます。


帰国用渡航文書

当大使館はパラグアイ国外生まれのお子様にIDカードやパスポートを発行することは出来ません。パラグアイに渡航される際は帰国用渡航文書を申請して頂くことになります(事前に出生届が必要)。

申請方法はこちらをご覧ください