絶好の海外投資先としてパラグアイを紹介

去る1月27日、豊歳直之駐日大使は、青山学院大学において約200名程の観衆を前に、パラグアイについての講演会を行いました。

このプレゼンテーションの中で大使は、海外投資の定着に向けパラグアイが有する比較利点や優遇措置を強調。その他にも、当国の歴史、社会、文化に関する情報提供も行いました。

当日は、ビジネスマンや商工団体メンバー、日本政府関係者や米州開発銀行アジア事務所からの参加に加え、青山学院大学の学生たちの姿も多く見られ、質疑応答の際には、学生の皆さんにも熱心に参加して頂きました。

この講演会は、日本からの直接投資先国としてパラグアイをアピールする目的で大使館が進めている活動の一つと言えます。