ルイス・ネイティング農牧大臣と副大臣ら4人が小型機墜落により死亡

パラグアイ政府は26日、ルイス・ネイティング農牧相を含む4人が小型飛行機の墜落事故により死亡したと発表した。 飛行機にはラミレス農牧副大臣も同乗していた。ネイティング氏らを乗せた小型双発機は25日午後、南部アヨラスを出発した直後、空港から8キロの地点のアルゼンチンとの国境付近に墜落した。
これにより、オラシオ・カルテス大統領は同日付から3日間の公式悲嘆を宣言した。そのため、3日間にわたって公共の建物、大使館および領事館、ならびに国家海軍の公務部隊および船舶では、パラグアイ国旗を半旗に吊り下げられることが確立された。