パラグアイへの投資

投資誘致政策 海外投資インセンティブ 投資関連法制度

今やパラグアイは海外投資の好機の地です。投資をするなら今です!パラグアイは何を提供できるか、以下のビデオでご覧になってください(日本語字幕付き)。

利益を高めるような重要な市場へのアクセスを容易にしつつ、その活動を最大化し得る、最良の条件を求めている海外投資を受け入れるため、パラグアイ共和国は多くの根拠を提示しています。

そのオープンな貿易政策によってパラグアイが提供する好機とは、次のようなものです。


魅力ある市場への進出

MAPA-SUDAMERICA-es

  • パラグアイは地域内最大の収入源を持つ市場(ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ)の中心に位置する。
  • 構成要素の内、40%がメルコスール産であれば、60%が第三国(メルコスール以外)から輸入されてもその生産物はメルコースル域内生産物とみなされて地域内では最も低い関税率の恩恵を受ける。

低い生産コスト

  • 豊富な自然資源:パラグアイは理想的な気候条件と肥沃な土地に恵まれ、グアラニ帯水層上に位置するために非常に低コストで豊富な水の供給を保証できる。
  • 豊富な電力:パラグアイは人口一人当たり最大の発電国であり、又、南米最大の電力輸出国でもある。産業投資用の豊富なクリーンかつ持続的エネルギーに恵まれている国である。
  • 若く、教育訓練の可能な労働力:パラグアイは南米でもっとも若年層の人口比が高い国であり、人口の74%が34歳未満である。
  • 競争力ある労働力コスト:現行の最低賃金は月額430米ドル前後、社会保障費用は16.5%となっている。

MERCOSUR

低い税率

  • 法人税:10%
  • 付加価値税:10%
  • 個人所得税:3300米ドル相当額以上の総所得額から総支出額を引いた純所得額に対して10%