(Español) SENADIS recibirá 90 sillas de ruedas para niños

” width=”150″ height=”150″ class=”size-thumbnail wp-image-9340″ /> El Embajador Raúl FLORENTÍN ANTOLA con el Sr. Hirokazu MORITA Presidente de la NGO. [/caption]

NPO法人海外に子供用車椅子を送る会は2004年に設立され、日本人の子供達に使用されていない良好な状態の車椅子を特別なニーズを持つ海外の子供たちに送り、支援をすることが目的です。

子供たちは成長するにつれて、車椅子を変更する必要があり子供用車椅子の使用をやめます。 当組織は日本全国から車椅子を集めており、この度は車椅子の取得と国内の移動を負担して頂きました。東京昭島中央ロータリークラブが車椅子の修理を引き継ぎ、オーシャンネットワークエクスプレスジャパン株式会社「ONE」によって寄付は無料でパラグアイに輸送されます。

車椅子の寄贈式では、ラウル・フロレンティン大使はパラグアイを代表し、この寄付を実現するにあたって協力いただいた各機関の皆様、そして車いすを清掃と梱包いただいたNPO法人のボランティア、ベトナムとネパールの日本居住者、相模女子大学及び東京都立多摩工業高等学校の学生のボランティアの方々に、感謝の気持ちを述べました。

車椅子は2月18日に日本から出航し、5月の第1週目にパラグアイに到着する予定です。

当寄付はパラグアイが受け取る5回目の寄付であり、2008年以来合計512台の車椅子が寄贈されています。

” width=”150″ height=”150″ class=”size-thumbnail wp-image-9340″ /> El Embajador Raúl FLORENTÍN ANTOLA con el Sr. Hirokazu MORITA Presidente de la NGO. [/caption]NPO法人海外に子供用車椅子を送る会は2004年に設立され、日本人の子供達に使用されていない良好な状態の車椅子を特別なニーズを持つ海外の子供たちに送り、支援をすることが目的です。
子供たちは成長するにつれて、車椅子を変更する必要があり子供用車椅子の使用をやめます。 当組織は日本全国から車椅子を集めており、この度は車椅子の取得と国内の移動を負担して頂きました。東京昭島中央ロータリークラブが車椅子の修理を引き継ぎ、オーシャンネットワークエクスプレスジャパン株式会社「ONE」によって寄付は無料でパラグアイに輸送されます。
車椅子の寄贈式では、ラウル・フロレンティン大使はパラグアイを代表し、この寄付を実現するにあたって協力いただいた各機関の皆様、そして車いすを清掃と梱包いただいたNPO法人のボランティア、ベトナムとネパールの日本居住者、相模女子大学及び東京都立多摩工業高等学校の学生のボランティアの方々に、感謝の気持ちを述べました。
車椅子は2月18日に日本から出航し、5月の第1週目にパラグアイに到着する予定です。
当寄付はパラグアイが受け取る5回目の寄付であり、2008年以来合計512台の車椅子が寄贈されています。
” width=”725″ height=”967″ class=”size-large wp-image-9340″ /> El Embajador Raúl FLORENTÍN ANTOLA con el Sr. Hirokazu MORITA Presidente de la NGO. [/caption]
令和2年2月16日、ラウル・フロレンティン・アントラ大使は、NPO法人海外に子ども用車椅子を送る会から障害者の人権擁護局(SENADIS)へ、パラグアイの子どもたちのために送られた90台の修理済みの車椅子の寄贈を受け取りました。
NPO法人海外に子供用車椅子を送る会は2004年に設立され、日本人の子供達に使用されていない良好な状態の車椅子を特別なニーズを持つ海外の子供たちに送り、支援をすることが目的です。
子供たちは成長するにつれて、車椅子を変更する必要があり子供用車椅子の使用をやめます。 当組織は日本全国から車椅子を集めており、この度は車椅子の取得と国内の移動を負担して頂きました。東京昭島中央ロータリークラブが車椅子の修理を引き継ぎ、オーシャンネットワークエクスプレスジャパン株式会社「ONE」によって寄付は無料でパラグアイに輸送されます。
車椅子の寄贈式では、ラウル・フロレンティン大使はパラグアイを代表し、この寄付を実現するにあたって協力いただいた各機関の皆様、そして車いすを清掃と梱包いただいたNPO法人のボランティア、ベトナムとネパールの日本居住者、相模女子大学及び東京都立多摩工業高等学校の学生のボランティアの方々に、感謝の気持ちを述べました。
車椅子は2月18日に日本から出航し、5月の第1週目にパラグアイに到着する予定です。
当寄付はパラグアイが受け取る5回目の寄付であり、2008年以来合計512台の車椅子が寄贈されています。